計測器の校正サイトを比較しました!

HOME > 計測器校正の豆知識 > 計測器の校正とその周期の決め方とは

計測器の校正とその周期の決め方とは

 校正とは、計測器の現状の精度を確認する一連の作業のことを指します。
 何を計測するにしても、その機器が出すデータが企業にとって日常業務の絶対基準となるわけですから、ズレがあっては大変なことです。
 ポイントは、ズレがあるかないかを確認する作業であって、それを直す作業ではないということ。
 ピアノの調律のように、ズレたものを正しく直す行為ではありませんので勘違いのないようにしましょう。
 校正は、計測器の現状を把握することが目的です。
 機能を改善するものではありません。
 ISO9001の要求では、定められた周期で校正を行うべきとしていますが、そもそも製品の品質を確保するためにもとても重要です。
 計測器も経年変化で誤差が生ずるのは致し方ないことですから、測定精度に影響しない範囲であることを確認するのは大切なこと。
 ただ、ISOでもこの周期には触れていないので、定期的と言ってもどれくらいの期間なのかが問題になってきます。
 当然、製品の品質を立証するに足りる必要がありますが、この校正周期の決め方に頭を悩ませる企業は多いのです。
 

 校正周期はISOで提示していない以上、企業が決定することになります。
 コスト面からすれば出来る限り長い期間を置きたいところではありますが、それで精度が落ちたのでは本末転倒。
 測定値の信頼度が低いようではそもそも測定する意義がありませんので、年一回は校正が行われるのが一般的です。
 校正を受け持つ業者でもまずは1年周期を提案することが多く、その後測定器の使用環境や使用頻度に合わせて見直すことが多いようです。
 1年後の校正ですでに気になる変化が出ているようならもっと周期を早くする必要がありますし、数年繰り返して実績を積むのがセオリー。
 安定した実績が積めれば、ある程度周期を伸ばすことも検討出来るでしょう。
 使われる環境にもよりますが、校正とは別に日々行われるメンテナンスがきちんとされていれば、ズレも最小限に食い止められるかもしれませんね。
 

 気になるのは、校正でなんらかの不適合が現れた場合の対処です。
 不適合は、定められた規格値と計測器の値とのズレが大きい場合の結果です。
 校正は行ったので校正証明書は発行されますが、調整や修理などの処置の後、再度校正を行うことになるでしょう。
 対応の流れは校正を行った業者ごとに詳細は異なりますが、まず不適合と不適合部分の連絡が来て、その後の判断になります。
 調整や修理はその計測器のメーカーに依頼する形になることが多いでしょう。
 経年劣化の場合には交換が必要になる可能性もあります。
 製造部門でも研究開発部門でも、計測器は日々必要なツールですし、企業の信頼性を守るために必須のもの。
 現在はほとんどの計測器がデジタル機器で、精度は上がっていますが中にアナログ回路の要素が使われている場合もあります。
 校正は必須ですし、トラブルシューティングも必要ですね。
 

▲ ページトップへ