計測器の校正サイトを比較しました!

HOME > 計測器校正の豆知識 > 計測器で正しい測定をして法律を守る

計測器で正しい測定をして法律を守る

 少し前に、東京都豊洲における、築地市場の移転問題がニュースで取り沙汰されていました。
 この移転問題で最も課題とされていたのが、豊洲の環境問題です。
 汚染物質などが基準値を超えて存在していると報告され、特に地下水の汚染状況は、国の環境基準を超えるとして大変問題とされていました。
 この問題からもわかるように、私たちの国は、法律で様々なことに基準が設けてあり、その法律に則って社会が循環しているため、快適な生活を送ることができると考えられます。
 そのため、基準値以下であるかを測定する作業は大変重要で、測定には正しく校正された計測器を用いることが求められています。
 また、そのような正しい計測器で測定したという証明書も大切な存在であり、私たちの安全な生活な、正しい測定の元に成り立つと言っても過言ではありません。
 

 豊洲市場の地下水の汚染問題の他にも、環境の分野において、たくさんの基準が法律で設けられています。
 例えば、日本は新幹線の発展が盛んですが、新幹線を新たに作る際は、路線周辺の住宅に対して、騒音振動の問題が発生してきます。
 例えば、国が「この土地に新たに新幹線を作ります」という提示をする際、業者は地元住民の生活が不快にならないように、安全を約束できるように、様々な調査を行います。
 例えば、新幹線が走った際、どの程度の騒音振動が発生するかを調査して、その測定値が国で定めている環境基準の値以下であるかを確かめます。
 そういった何個もの調査項目をクリアして、初めて新幹線を走らせることができます。
 このように、私たちの生活は、法律上の基準に縛られ、守られて成り立っているのです。
 

 私たちの生活が、法律の基準で守られている以上、正しい測定を行うことは必要不可欠なことだと言えます。
 そして、正しい測定のためには、正しく校正された計測器を使用することが求められます。
 校正とは、その機器が基準通りに正しく動いているかを確認する作業で、もし誤差があれば調整して正確に測定できるようにします。
 また、機器類は使用していくうちに誤差が生じ、狂いが出てくるため、メンテナンスと同様に定期的に行うことが大事です。
 もし、定期検査やメンテナンスを怠り、知らず知らずのうちに正しい測定を行っていなかったら、不正につながることもあり得ます。
 日本は、法で守られている社会ですので、しっかりと法律を守るために、正しい計測器で測定を行うことは国民の義務です。
 そういった努力が、私たちに安心と安全な生活をもたらしてくれるでしょう。
 

▲ ページトップへ